Page 3 of 5

意外!?暴力的なゲームにも驚くべき効果が

ゲームに関する疑問でも特に多いのが、暴力的シーンを含むゲームが人(特に子ども)に与える影響です。しかし、これに関しても、近年驚くような研究報告がありました。

暴力的ゲームは、人の道徳心やモラルに関する感受性を高める効果があるというものです。いったい、どういうことでしょうか。

この研究に使われたゲームは、実験の対象となった人に、テロリストとして国連平和維持軍と戦うという内容のものでした。このゲームをプレイした後の被験者は、ゲームの中とはいえ、人を撃ち殺したことに罪悪感を覚え、自分のやっていることは悪いことだと認識します。その反動で、道徳心が高まったものと考えられるのです。

他にも、アメリカでは戦地から帰還した兵士に戦闘ゲームをさせたところ、悪夢を見なくなりなったということです。また、アクション型ゲームを行う前と行う後で、多くの物の中から、特定の物を見つけ出す、というテストを行ったところ、ゲームを行った後では、正解率が格段によくなるという結果が出たそうです。このことから、アクションゲームには、脳の知覚力や注意力を高める効果がある可能性が高いということがわかったのです。

さらにアメリカでは、暴力的なゲームを販売している店のある地域では、販売をしていない地域よりも暴力事件が少ない傾向があるというデータもあるそうです。これは、ゲームがストレスのはけ口になり、精神的な安定を保つことができているという見方ができるのです。実際、この類のゲームをやっている少年に話を聞いたところ、実生活で暴力を使おうとは思わないし、暴力的な映画やTV番組には興味がないと答えたそうです。

実際、ここ数年ゲームの暴力的描写は年々リアルになってきているにもかかわらず、アメリカでは青少年の犯罪は減少傾向にあることがFBIの調査で明らかになっています。少年犯罪が起こるたびにゲームの影響が問題視される傾向がありますが、このようなデータを見ると、暴力的シーンがあるというだけで、短絡的に有害のレッテルを貼るのは少し考えてしまいます。

ただ、これらの結果が決定的な科学的証拠になったということでもありません。暴力的ゲームの子どもに与える影響を心配する声にもある程度の根拠はあるのです。暴力シーンを長く見続けていると、子どもは知らず知らずのうちに暴力を学びとってしまうというという報告もあります。

また、アメリカでは若者を軍隊に勧誘するために戦争ゲームを使うこともあります。このゲームにハマり、実際の戦闘でも冷静に戦う自身があると答えた若者がいるとか。戦闘ゲームではありませんが、日本でも以前、飛行機をハイジャックした青年が、飛行機操縦を体験できるゲームをやっているうちに、本物の飛行機でダッチロールなどをしてみたくなったという供述をしていました。

いまのところ、どちらもはっきりした科学的裏づけがとれていないのですが、『条件付きでそういったことも起こるかもしれない』というくらいで落ち着いているようです。

ゲームで生活に悪影響が出るのはこんな人

ネットゲーム依存症におちいるメカニズムというのはどんなものでしょうか?

ビデオゲームやオンラインゲームは集中力を高めたり、幸福感を強く感じるなどのプラス面があるのも確かですが、長時間続けると脳内でドーパミンが必要以上に分泌されます。すると体は体調不調を防ぐためにホメオタシスをが働きはじめ、ドーパミンの量を抑制します。ホメオタシスとは、体温の調節など、体の状態を一定に保つ役割をもっています。そうなると、脳はドーパミン不足を感じ、さらにそれを補うためにゲームに没頭するという悪循環を生み、知らず知らずゲーム依存症になっていきます。

ゲーム依存症になるかならないかのカギはゲームをする時間の長さにあるのです。適度な時間であれば、強い飢餓感を感じることはありません。ゲームを長時間やりすぎない習慣を身につける必要があります。どんなことを習慣づけたらいいのでしょうか?

まずは、何のためにゲームをするのか、目的をはっきりさせる必要があります。ゲームをするのに目的が必要?驚く方もいるかと思いますが、まずはここが肝心です。ゲームには様々な種類があり、種類によってゲームから得られる恩恵も違ってきます。ストレスを解消したいのか?集中力を身につけたいか?活力を取り戻すためか?理由は人それぞれでいいと思います。ただ、目的によってはまずいものもあります。

ゲームをするときに一番まずい目的は、現実逃避です。いやなことがあって、何も考えたくない、人に会いたくない、といった理由でゲームを始めるとどうしても長時間ゲームをすることになってしまいます。そうなると、先ほど説明したような悪循環におちいってしまう可能性が高くなってしまいます。

ゲームをする目的をはっきりさせるためには、ゲームを選ぶことも大事です。あなたには、お気に入りで、しょっちゅうプレイしているゲームはありますか?それをやるとどんな恩恵が受けられるか、考えたことはありますか?そのゲームをやった後、自分がどんな感情を持っているか思い出してみてください。

最近は、子どもがゲームに没頭して勉強しない、友達と遊ばないと嘆く親が増えているようです。お子さんがゲームをする場合は、やはり家庭でしっかりとルールを決める必要があります。

お子さんがどんなゲームで遊ぼうとしているのか、まず親がチェックする必要があります。店で売っているゲームには対象年齢などを示すラベルが貼ってあるので、選ぶ目安にすることができます。しかし、オンラインゲームはそういったものはありません。18歳以上禁止と明示して、セキュリティをかけているゲームもありますが、子どもによっては、それくらいは軽々突破してしまう子もいるでしょう。

だからといって、闇雲にゲームを禁止しても、隠れて別の場所でやってしまいます。そうなると、さらに親の目が行き届かなくなります。まずは、ゲームについて子どもがどう思っているのか聞いてみたり、子どものお気に入りのゲームを一緒にやってみるなど、ゲームに対して理解を深める努力をしましょう。また、時間制限を設けるのも大事です。時間制限を破ったら、罰することも必要です。毅然とした態度で臨んでください。

ゲーム脳に科学的根拠なし

それにしても、なぜ日本ではゲームは悪いものというレッテルが貼られてしまったのでしょうか?ゲームが出回り始めたころは、ゲームをする子どもとゲームをやったことのない大人の温度差があったのかもしれません。

しかし、数年前にマスコミで何度となくとりあげられた『ゲーム脳』という言葉の影響も少なからずあるようです。この『ゲーム脳』の起源は、2002年に出版された『ゲーム脳の恐怖』という本にあります。日本大学文理学部体育学科の教授による著書で、大まかな内容は、ゲームをしている人の脳は、認知症をわずらっている人と同じ状態になっているというものです。

この教授の実験方法は、教授が独自に開発した脳波計を使用して脳波を計測したもので、ゲームをする人の脳はβ波が低くなっているとの結果を得たのです。しかし、この計測方法自体にかなり問題があったようです。

まず、この脳波計は、教授独自に開発したもので、医療機としての認可がおりていませんでした。さらに教授の言うβ波の低下が認知症患者の脳と同じというのも、教授独自の見解であり、一般の認知症とは見解が大きく異なるものです。

若者が何か事件を起こすと、この教授のもとへマスコミ関係者が意見を求め、それがテレビなどで放映されるので、ゲームと若者の犯罪には関連性があるという印象が強くなったという一面があるのです。

その後、脳トレを開発した教授から、ゲームで脳が退化することはありえない、と真っ向から批判されたり、教授の専門が運動生理学であり、脳神経に関しては素人であるなど、多くの非難をうけました。結局その後は論文も発表されなくなり、いまでは逆に適度な時間のゲームは脳にいいということが明らかになってきたので、いまとなってはほとんど都市伝説です。

そして、ゲーム脳と同じくらいのインパクトがあるのが『ネトゲ廃人』ではないでしょうか。ネットゲーム依存症におちいって、日常生活に支障をきたすほどゲームに熱中してしまう人のことをさします。

一日中部屋に引きこもってゲームばかりやっているうちに、学校へ行かなくなったり、仕事を失ったりする人がいるのは事実です。中には、育児放棄や、殺人事件も起こるなど、深刻な事態になった例も報告されています。

しかし、これをゲームのせいにするのは間違いです。ゲーム自体には害はほとんどありません。バランスの問題です。

ゲームが脳にいいとはいっても、一日中座りっぱなしで、ろくに食事もとらずに同じ姿勢でゲームに興じてれば、体のどこかに不調を感じるのは当たり前ですし、体の具合が悪くなれば、健全な考え方ができなくなるのも当然といえます。しかし、ゲーマーがネットゲーム依存症になる割合は、ゲーマー全体の人数からみても、ごく少数です。大部分の人はゲームと日常生活の両立がきちんとできています。一般のゲーマーはゲームをすることで精神のバランスを保つことができたり、集中力が高まったりと、むしろ日常生活にいい影響がでているのです。この差はどこからくるのでしょうか?

医療設備にゲームが加わる日も近い?

海外ではゲームのリハビリ効果は高い評価を受けていますが、日本ではゲーム中毒や、ネトゲ廃人など、マイナスなイメージが付きまとったこともあるせいか、医療現場への導入はあまり進んでいませんでした。

しかし、最近になってようやく、医療施設や介護施設にゲームを導入する動きがでてきています。ゲームを利用したリハビリ効果の研究報告もかなり増えてきました。高齢者むけゲーム機の開発、販売・レンタルに力を入れる業者も増えてきました。

ゲームを導入した介護施設のHPを見てみると、いまは多種多様なゲームが開発されていることがわかります。まるでゲームセンターかお祭りの縁日の写真でも見ているかのようです。

ゲームを楽しんでいるのはすべてお年寄り。こころなし、女性が多い気がします。実際に遊んでいるお年寄りに話しを聞くと、「楽しい」「夢中になる」「他の人に負けたくないので、ついがんばってしまう」という声が続々ときこえてきます。こうした日本のお年寄りの姿は海外のニュース番組でも取り上げられ、大きな話題を呼んでいます。

実は、10年ほど前にゲームをリハビリに使おうとした介護施設もあったのですが、そのときは失敗に終わっています。その頃はまだ研究がそれほど進んでない状態でした。ゲームを導入した施設も、置いておけば高齢者が自分から遊ぶだろうと思い込み、積極的に働きかけることはしませんでした。結果、その存在はすぐに忘れ去られ、物置と化してしまったそうです。そのときの失敗もふまえ、医療関係者とゲーム会社が共同で開発した結果、最近になってゲームの医療への転用への糸口が見え始めてきたのです。

日本では業務用のゲームを土台にしたゲームの開発が盛んですが、海外ではどうでしょうか。海外のリハビリ用ゲームはビデオゲームの開発が中心となっています。特にアメリカがこの分野に力をいれています。例としては、飛行機の操縦を体験できるシミュレーション型のゲームが開発されています。画面を見ながら飛行機の操縦を体験することで手足を動かすことで認知機能の向上が期待できるそうです。

どんなにリハビリが必要でも、理論で患者を説き伏せることは、ほぼ不可能です。患者本人の心が動かなければ、体も動きません。ほんの少し手足を動かすだけで、これほど大きなワクワク感や高揚感を感じられるレクリエーションは存在しません。ゲームは心身の健康を保つツールとして大きな可能性を秘めているのです。

日本の病院でのゲームの医療現場への導入はまだそれほど進んでいませんが、海外でゲームの医療転用が盛んになってくれば、日本でも医療設備としてゲーム機の導入に医療補助費が認められる可能性がでてきます。

スマホの普及で、オンラインゲームは以前よりも身近な存在になってきています。無料のオンラインゲームもかなりの数にのぼります。医療費節約のために、国がゲーム推奨する可能性もゼロではありません。病院へ行って、抗うつ錠の代わりにゲームを処方されたり、リハビリ室の大半をゲーム機が占めるといったこともあるかもしれません。