Page 2 of 5

困難に打ち勝つ!仕事にもゲーム精神を応用しよう

ゲームの大きな魅力の一つに『ミッションをクリアする』というのがあります。ミッションをクリアするには、作戦を立てなくてはなりません。一人でやるゲームもありますが、オンラインゲームや、ソーシャルゲームでは複数の人と作戦の元、同じミッションに取り組むこととなります。

英語にはgamification(ゲーミフィケーション)という言葉があります。ゲーム化するという意味のgamefyから派生した言葉です。ゲームのもつ面白さ、人を熱中させる魅力を仕事や生活に応用しようという概念です。

海外ではすでに定着している言葉ですが、日本ではまだそれほど知られていません。日本の会社は滅私奉公といいますか、根性論で部下を叱咤激励して、売り上げを伸ばそうとしている会社がまだまだたくさんあります。しかし、それが災いして体調を崩したり、鬱など深刻な精神疾患をわずらう人が後を絶ちません。

こういった会社の雰囲気を180度変えることができるのが、ゲーミフィケーションなのです。ゲームはミッションをクリアする過程で、敵を倒したりアイテムを集めたりしてポイントを稼いだりします。最初は中々クリアできなくても、少しずつづつけて行くにつれてスキルが向上し、やがてはミッションをクリアできるようになります。

スキルが上がり、自分で成長していることが実感できると、それが自身につながり、もっと学びたい、上のステージへ行きたいと思うようになります。その心理を仕事に応用するのです。人には何かを学び、習得したいという欲があるのです。ゲームはその欲を上手に利用しているといえます。では、具体的にはどうやったら仕事にゲーミフィケーションを取り入れることができるでしょうか。

あなたの会社が、ある商品を去年は30,000個売ったとします。今年の目標は50,000個です。もうゲームは始まっています。50,000個の商品を売る。これが会社のミッションです。去年より20,000個多く売るのですから、かなり綿密に計画の練らなくてはいけません。ここで、ただ部下を叱責するのではなく、楽しいと思う要素、行動を起こすモチベーションを上げる要素を盛りこむ、いかにゲーム化がうまくできるか考えなくてはいけません。

売り上げのグラフを壁に張る、チームわけして売り上げを競わせる、これもゲーム化の一つではありますが、朝礼や会議で売り上げの悪い人を攻め立てるばかりでは雰囲気が悪くなりますし、ゲーム化の意味もありません。売り上げ成績が悪いのは何が原因なのか―悪者は何なのか考えて、それを全員でやっつける必要があります。困難を一緒に乗り越えるという経験をすると、人はいっそう結びつきが強くなるのです。

営業は、ゲームで言えば同じミッションをクリアする仲間であり、いわば一人一人がヒーローです。会議は悪者を倒すための作戦を練る場所、くらいの感覚でいたほうがいいアイデアが浮かぶかもしれません。

ミッションを始める前に、みんなで少しづつ、お金を出し合ってもいいでしょう。売り上げに大きく貢献した人を祝って、そのお金で盛大に呑んで大騒ぎするのです。お酒も人間関係を円滑にしてくれますし、小額でも、お金が絡むと人間がんばりますからね。

ゲーム精神は日常生活にも応用可能。その方法とは

ただの気晴らしの手段だったり、時には有害な影響をあたえるというレッテルを貼られていたゲームですが、じつは想像以上の可能性を秘めていたことがおわかりいただけたでしょうか?

ゲームによってもたらされる恩恵をざっとまとめると以下のようになります。

・ストレスをやわらげる
・不安を取り除ける
・肉体的苦痛を遮断する
・集中力注意力が身につく
・人とのつながりを強化できる
・複数のことを同時にこなせるようになる

細かくあげていくと、きりがないのでこのへんにしておきますが、生活の質をかなり向上してくれることがわかります。取り入れない手はありませんね。でも、あなたの身近な人がすべて、ゲームをするとはかぎりません。ゲームの効果をあなたが一方的熱弁しても、空回りしてしまう可能性もあります。

でも、大丈夫。ゲームをしなくても、ゲーム的な要素を日常生活にもりこむことは可能です。あなたの家族や友人がゲームをしない人でも、あなたがさりげなくゲーム的要素を取り入れるようにすればいいのです。

たとえば、あなたのパートナーで、子ども、友人など、もっと距離を近づけたいと思う人がいるとします。それに有効な手段は『ミラーリング』『シンクロ現象』です。一緒にゲームをしなくても、これらの効果を得る手段はたくさんあります。

・歩幅をあわせて一緒に歩く
・おなじ音楽を聴いて同じ振りをする
・重い荷物を一緒に運び出す

など。とくに荷物を運ぶ作業は効果的です。この作業は相手の動きを正確に読んで、荷物を落としたり、相手が怪我をしないように、相手の心理と動に最大限の注意を払います。このことが、強力なミラーリングを引き起こすので、新密度が増すのです。転勤族の家族は円満な家庭が多くなるのでしょうか?

ゲームの特徴として、ミッションをクリアしたり、敵を撃破すると点数がつきます。これも日常生活に応用できるのです。

人にはポジティブな感情とネガティブな感情があります。人間できればポジティブな感情を常に感じていたいですが、そうもいきません。それに、ネガティブな感情を発する出来事、たとえば身近な人の死、突発的な交通事故などを経験し、乗り越えるとその人はポジティブな考え方や行動を起こしやすくなるといいます。ネガティブな感情も必要なわけです。しかし、あまり多くのネガティブな感情を感じ続けると、人生がつらいものになってしまいます。

そこで、いまの自分の感情をスコアリングするのです。ネットで検索すれば、感情をスコアリングする技術がいろいろあるのがわかるはずです。自分にあうものを選んでやってみてください。

共通して言えるのは、ポジティブな感情が多すぎてもあまりよくないようです。比率としては、ポジティブ3、ネガティブ1くらいがちょうどいいといわれています。

あまりにネガティブなほうへ偏っていたら、今の自分になにが必要かを考えることができますね。できれば家族や親しい友人といっしょにやってみたほうがいいでしょう。強力が得やすくなりますし、ゲームをクリアするのには、仲間は必須ですからね。

親子のコミュニケーションの改善にも効果を発揮!

娘や息子が最近自分を避けるようになった…。子どもに反抗期はつきものだし、仕方ないとはわかっていても、やっぱり子どもとコミュニケーションがとれないのは悲しいですよね!

ゲームは親子のコミュニケーションも円滑にしてくれます。最初は二人でコントローラーを持つだけでいいのですから、直接言葉をかわすよりはハードルは低いのではないでしょうか。。ゲームの種類は対戦型でも二人で共通の敵を倒すようなものでもかまいません。こういったゲームを二人でやると、だいたい同じところで笑ったり、眉をひそめたりと、ゲームに対し同じような反応を示すようになります。

驚いたことに、呼吸や鼓動も同じパターンにななってきます。この現象を『ミラーリング』といいます。そのうち、脳波までもが同調し、完全にシンクロ状態となるのです。

人間は、無意識のうちに他人の模倣をしています。恋愛関係にある男女もそうですが、親しい友人や、偶然となりに座っただけの人でもミラーリングは発生し、そのうちシンクロ状態になるのです。コンサートでは、ファンが同じような動きをしたり、同じような声を出したりします。これもシンクロ状態といえます。

しかし、ゲームでおこるシンクロ状態は他の行動とは比べ物にならないくらい強烈で早いのです。なぜでしょうか?

ゲームをしているとき、人は『フロー』という状態になっています。このフローは、特定の行動に全神経を集中させている状態のことです。ゲーム以外でも、自分が本当に好きな趣味や仕事に打ち込んでいるときもこの状態にはいりやすくなります。今自分がやっていること以外には何も目に入らなくなるし、気になりません。何かに打ち込んでいたら、あっという間に時間が過ぎていた、という感覚はだれにでもあると思いますが、これもフロー状態のなせる業です。

二人でゲームをすれば、二人同時にフローの状態におちることになります。フロー状態でミラーリングが発生すれば、動きや感情もさらに同調しやすくなります。ゲーム中は感情が高まりやすく、感情のシンクロもそれに比例して高くなり、強い結びつきができるとかんがえられるのです。

これと同じような研究結果は、世界各国から続々と報告されています。他には、自閉症の子どもが家族とゲームをすることで、強調性がうまれ、家族との関係が良好になるそうです。また、同じ場所で一緒にゲームをする家族は、連帯感が強いという報告もあります。

お子さんとの関係に悩む親御さんには吉報ですね。ゲームなんて…と眉をひそめている場合ではありません。特に、子どもが毎日ゲームばかりして困っている、というご家庭であれば、ゲームを取り上げるより、とりあえず一緒にプレイしてみましょう。

実際に、ティーンエイジャーの娘さんを持つお父さんがゲームを介してコミュニケーションをとることに成功した例もあります。ゲームを一緒にプレイすることで娘さんと会話できるようになり、娘さんが学校でいじめというほどではないが、ちょっとしたからかいの種になっていることを知ることができ、娘さんを励ますことができたそうです。年頃の娘をもつお父さん、ぜひ試してみてください。

人付き合いが苦手な人こそゲームを!その理由とは

最近は、上手なコミュニケーションのとり方の指南書のような本をよく見かけます。実際に手に取った人もいるのではないでしょうか?しかし、実践するのは難しい…と思った人も多かったのではないでしょうか?

実はもっと簡単に他人と、しかもちょっと苦手なタイプとでも仲良くなれる手段があります。ゲームを利用するのです。…そんなバカな!と思いますか?でも、これも世界中で実証されつつあるのです。

任天堂のwiiスポーツのボーリングゲームを使った、シンガポールでの実験です。シンガポールでは、老人と若者の交流の場がほとんどなく、お互いを極力避けようとする傾向があり、社会問題となっているそうです。老人は社会から孤立しがちになり、若者は老人から様々な教訓を学ぶ機会がありません。これはシンガポールだけでなく、他の国でも同じことかもしれませんが。

シンガポールには、長年にわたってゲームが日常生活に与える影響を研究しているチームがあります。その研究者たちが老人と若者にペアを組んで、ボーリングゲームを毎週30分、六週間プレイしてもらったところ、相手に対する偏見がほとんどなくなり、どんな老人とでも、若者とでも友人になれる気がしてきたという回答を得ることができました。

ゲーム以外にも、会話したり、一緒に工作したりしても距離は縮まりましたが、お互いに対する嫌悪感を払拭するにはいたりませんでした。共同作業をした相手への理解はできても、老人全般、若者全般は嫌いなままだったのです。劇的な変化をもたらしたのは、ゲームだけでした。

また、国籍も宗教も違う男女が結婚しましたが、お互いの両親は互いへの嫌悪感からまったく交流を持とうとしませんでした。二人は少しでも距離を縮めようと、フェイスブックのゲーム『ファームビル』でブドウの栽培をはじめました。最初にはじめたのは奥さんで、両親と夫とやっていました。このゲームは、フェイスブックで知りあった『お隣さん』に手伝ってもらうことができるシステムになっています。

このゲームに夢中になった奥さんの母親が、収穫を早めるために知り合いに片っ端から声をかけていたのですが、ある日とうとう、夫の母親を巻き込んで作業するようになりました。このゲームを通じて協力して作業を行った結果、いまでは良好な関係が築けているということです。

SNSを通じて大勢の人とプレイできるゲームはソーシャルゲームと呼ばれます。ソーシャルゲームの強力な影響力は、どこからくるのでしょうか?研究の結果、以下の3つの作用があることがわかりました。

①共通の基盤をつくる
②親密感を高める
③相互依存を形成する

の3つです。

共通の基盤というのは、他者と経験を共有して共通の話題をつくることです。ソーシャルゲームはこのきっかけを簡単につくることができます。親密感を高めるというのは、ゲームがきっかけで、自分や自分のまわりのことを徐々に話すことができるようになり、ゲームを通じて頻繁に連絡をとりあうようになります。そして、交流が深まるにつれ、絆が深まり、相手が困っているとわかると、SNSを通じて手を差し伸べるようになるのです。

これがやがて、実生活でもお互いを助け合うようになってくるようになるのです。友人を作るのが苦手な人は、試してみる価値があるのではないでしょうか。